道祖神とは
村里の入口で、外から襲う悪霊を防ぐ、境の神・道の神。また後に、旅行安全・縁結び・子授け・安産の神として広く信仰され、子どもと親しい神。
近世、自然石・陰陽石・石塔などの形で、村境・辻・峠などに祭られる。
塞の神。くなどの神。手向けの神。ちまたの神。
【日本語大辞典 講談社】より
道祖神について
 サエの神様はふるいむかしから全国的に分布していたという。祭神はイザナギ、イザナミの男女二神(他にもあるが…)とされている。
男女二神が祭神とされているのに、のち中国から遊行を好きな人、道楽の人をまつったという道楽神が入ってきて、うまく習合したので、一面「性の神様」まで転落か、転身したのである。路傍にひっそりと立っている石像が多い。
山内軍平著「つまり」より