道祖神とは
<山内軍平と道祖神について>
 道祖神は不思議な神だ。村境や道の辻、峠などに立って行路・防塞、縁結び・安産・子育ての神として信仰され、呼び名もサイノカミ・ドウロ(ラ)クジンなどと多様である。
 形態も自然石、刻文字石碑、単体と男女2体、陰陽性器をかたどるものと、これまた多彩。まさに民間信の代表神である。
 「新潟は道祖神が少数」説に触発されて山内軍平さんの行脚が始り、見事な数を世に紹介。道祖神を愛し続けた軍平さんである。
平成12年6月